フローリングワックスで床の寿命延びマックス【簡単キレイ】

住宅

フロアコーティングの特徴

床

床というのは、自宅の中でもかなり重要な部分です。毎日使用する箇所でもありますので、それだけ摩耗するスピードも早いのです。フローリングワックスをかけることによって、床の寿命を延ばすこともできますし、キレイにすることもできます。フローリングワックスをすることによって、傷を防ぎ、見た目をキレイにし、掃除も簡単になります。ワックスをかける頻度として、半年に一回くらいのペースが良く、5年に一度くらいはハクリ剤でワックスを剥がす必要があります。頻度を高めることによって、効果が切れている期間をなくし、フローリングにダメージがいかないようにすることが大切です。自分で行なうこともできますし、業者に依頼をすることもできます。予算やプランに合わせてどちらが良いのかを判断しましょう。

使用するワックスには違いがあります。市販されているワックスよりも、業者が使用するワックスの方が効果が高く、仕上がりにも違いがあります。業者に依頼するメリットとして、私達が知らないような専用スキルや知識を持っており、ケースバイケースで対応することができます。フローリングの種類によって、適切なワックスなどが変わってきますので、プロの視線から物事を判別することができます。また、フローリングの床の向きなどによっても塗り方が存在しているので、しっかりと把握している業者の方が安定しているのです。塗り方などもしっかりしており、専門の道具を使うことによって、塗りムラなどを防いでくれます。フローリングワックス以外にも掃除などの仕方もキチンとしており、ワックスがけに最適な状況を作りあげます。業者によってサービス内容などが違いますので、複数の業者を比較した方が良いでしょう。比較サイトなどもありますので、ネットや周りの評判なども参考に選ぶと良いでしょう。

ワックスをする理由

床

フローリングワックスをかける理由として、床を保護する、掃除がしやすくなる、見た目が綺麗になるが一般的な理由です。ロウタイプの物からどんどん進化していき、現在のワックスへと進化してきました。

Read More

タイミング

DIY

フローリングワックスをするタイミングとして、一番望ましいとされているのが半年に一回ペースです。5年に一回くらいのペースでハクリ剤を使用してワックスを剥がして塗り直すことで効果を高めることができます。

Read More

綺麗に仕上がる

DIY

フローリングワックスを行なうのならば、自分で行なうよりも業者に依頼をした方が確実です。専門スキルと知識がありますので、ケースバイケースで対応してくれます。仕上がりのもかなりの差がでます。

Read More